子供にドローンを作らせよう

>

親子で一緒に挑戦しよう

行き詰っていた場合

子供だけでは、なかなか作業を進めることができないかもしれません。
ずっと分からない状態が続くと、子供は勉強することが嫌いになってしまいます。
その場合は、大人がヒントを与えてください。
ヒントを与えることで、子供は正しい方法を導き出すことができます。
自分の力で考えることが大事なので、答えを全て言わないでください。

仮に間違っても、失敗したことが良い経験になります。
失敗してしまった際は、その原因を親子で考えてみましょう。
自分で原因を解明できれば、2度と同じ失敗は繰り返しません。
次回は、きっと成功できるでしょう。
どんなヒントを与えれば良いのか、大人も考えてください。
上手くできたら、褒めてあげることも忘れてはいけません。

コミュニケーションを取ろう

人にとってコミュニケーションを取ることは、非常に重要です。
分からないことがあれば、すぐ周囲に協力を求めると問題を解決できます。
子供の頃から、積極的にコミュニケーションを取らせてください。
教育系ドローンを作っている最中で分からないことは、大人に協力を求めるのが良いですね。
難しいことは、大人と協力することで上手くできます。

また協力して、1つのことを成し遂げる達成感を得られます。
協力する際は、大人が主導権を握らないように気をつけてください。
大人が子供に命令していると子供は自分で考えることをしなくなります。
親子で協力して教育系ドローンを作ることは、良い思い出になると思います。
絆を深めながら作りましょう。


この記事をシェアする